杉本製茶
ショッピング お問合せ
 
 
「FSSC22000」の認証取得について
食品の安心・安全の管理体制の国際認証規格

 

 杉本製茶株式会社は、2014年3月14日付けで、緑茶の製造から梱包を対象とした食品安全マネジメントシステム「FSSC 22000」の認証を取得いたしました。

 弊社は「安心して飲んでいただけるお茶」を目指し、ミニHACCP承認食品の承認や静岡茶衛生管理者認証により、これまでも安心安全な製品をお客様にお届けしてきました。

 今回、なお一層の安心安全な製品をお客さまにお届けするため、国際的な食品安全マネジメントシステム「FSSC 22000」の認証を取得したものです。

 今回の認証取得を機に、FSSC食品安全マネジメントを積極的に推進するとともに、「安心・安全」、そして更なる「高品質」の製品をお客様にお届けすべく、会社一丸となって品質向上に取り組んで行く所存です。



認証取得概要


 認証取得:2014年3月14日
 審査登録機関: UKAS (United Kingdom Accreditation Service)

 登録範囲:

  1. 緑茶の精製・粉砕及び梱包


FSSC 22000 (Food Safety System Certificate 22000)とは


食品小売業界が中心となり2000年に設立された非営利団体、国際食品安全イニシアチブ(GFSI:Global Food Safety Initiative)により、食品安全の認証スキームの一つとして2010年2月に承認された規格。

 食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO 22000をベースに作られており、前提条件プログラムにPAS 220 (ISO/TS 22002-1)を採用することが定められています。PAS 220 (ISO/TS 22002-1)は,従来の前提条件プログラムと比べ、非常に厳しい要求事項となっており、より高い食品安全が期待されます。



     
  ページTOPへ  
www.shizuoka-tea-no1.net
Copyright(C) Sugimoto Seicha., Co. Ltd. All Right Reserved.